「あ、心からそう思ってる」

先日ボビンレースの先生と話をしながら
そんな言葉が浮かびました。

???

何のことやらわかりませんよね(^^;

その時の話の内容は、ムスコの小学校の
PTA活動のことでした。

PTA本部の役員をしていると、
ムスコの友だちの親御さんの他にも
たくさんの人と関わる機会が増えます。

多くの人と話をするとその分だけ
様々な価値観に出会います。

自分と異なる価値観に出会った時、
あなたならどうしますか?

そら雲クエスチョンマーク

 

私はアンガーマネジメントに出会う前

「そういう考えもあるよね」

って思えることもあるけど

「これは◯◯するべきでしょ」
「ふつう□□だよね」

と思うことが多かった気がします。

そんなワタクシ
初めてのアンガーマネジメント診断では

正義感が強く完璧主義な
「公明正大」

白黒はっきりさせたいという思いから、
良いか悪いかの基準で判断をする
「博学多才」

そんな「怒りのタイプ」でした。

そのままの私だったら、

衝突がたくさんあったか
ストレスいっぱいで
嫌々PTAの仕事をしていたに
違いありません。

ちょうどPTAの役員になった年の
途中でアンガーマネジメントを
学びました。

「えっ!それがきっかけ?」
「PTAの役員って怖いのね~」

いえいえ・・・
それがきっかけではないので
誤解されませんよう・・・(^^;

きっかけはある番組でした。
これについては改めて…

さあ、
アンガーマネジメントを学んだから
これで万々歳!

すっかりアンガーマネジメントが
身についたかというと
そうではありません。

心理トレーニングなので、
自転車に乗れるようになる
のと同じです。

転んだりしながら練習しましたよね。
そしてのれるようになりました。

さて、アンガーマネジメトでは、

怒るか怒らないか
怒るならどう怒るか

自分で決めます

アンガーマネジメントの
トレーニング真っただ中のときのこと。

自分で決めたはずなのに、
なんとなく「自分が譲った」みたいな
モヤモヤした感情
顔を出すことがありました。

まだまだ自分の中で
腑に落ちていなかったんですね。

それが
「心からそう思っている」
ことに気づいたのは
つい最近のことでした。

日々のトレーニングの成果です。
これに加えて、
もう1つの理由がある
と思っています。

それは・・・

あたなも考えてみてくださいね♪

次回につづく。