さてこのタイトル
あなただったらどう答えますか?

パートナー?

親?

子ども?

会社の上司?

学校の先生?

記事を読みながら考えてみてくださいね。

 

 

お恥ずかしながら・・・(^^;
ジャン!!

プロフィール画像

 

これは日本アンガーマネジメント協会の公式サイトに掲載されている、私のプロフィール写真です。

どんな印象ですか?

怖そう!?

自分ではもっと優し~く微笑んでいたつもりでしたが…

ちょっとこわばってますね(^^;

 

この写真とタイトルとどう関係あるの?

という声が聞こえてきそうなので、話を進めますね!

 

この写真撮影はアンガーマネジメントファシリテーターの1人が

「プロフィール写真の撮影会をしよう」

と声をあげて実現したものなんです。

カメラマンはお知り合いのプロの方に依頼しましたが、メイクの仕上げ、ヘアセットは現役美容師でもあるファシリテーターが担当してくれました。

当日集まった人たちも立場や職業はいろいろ

会社の経営者
サラリーマン
社会労務士
教員
看護師
主婦
福祉施設のスタッフ
セミナー講師
カウンセラー
 ・
 ・
 ・

現在アンガーマネジメントファシリテーターは2100人を超えています。
(2016年11月26日発表時)

私が出会ったファシリテーターが、ファシリテーターになろうと思ったきっかけも

自分の怒りを何とかしたい

はもちろんのこと

家庭内の空気をよくしたい

子育てに役立てたい

働いている人の怒りにまつわる相談に応えたい

企業研修の一部に取り入れたい

職場環境を整えたい

子どもたちに怒りの感情について伝えたい

 ・
 ・
 ・

などなど様々です。

この顔ぶれを見ても、老若男女問わず、どのような環境においても必要とされていることがわかります。

 

「怒り」は、誰にでもある感情。

どこにでもある感情。

 

だからこそ、アンガーマネジメントはすべての人に必要なのです。

そして、その第一歩は自分から

 

一緒にアンガーマネジメントを始めてみませんか?